子どもの靴を洗うとき、正しい洗い方は?頑固な汚れを落とす方法を解説!

子供は元気がいっぱいで、とってもわんぱくです。
元気いっぱいなことは子供にとって、とってもいいことです。

しかし、こんな悩みはありませんか?

それは“頑固な靴の汚れ”です。

子供の靴の汚れに悩みを抱いているお母さんは意外と多いのではないでしょうか?
靴の汚れがひどい時はまずは大雑把に汚れを落とし、ぬるま湯で洗うといいでしょう。
今回は頑固な子供の靴の汚れの洗い方や、靴のお手入れの方法の仕方をご紹介します。

【子供の靴はどんな靴を何足くらい用意すればいいの?】

子供は成長がとても早いです。

靴をたくさん揃えてもすぐにサイズが合わなくなる場合も多いと思います。
そこでどんな靴を何足ほど揃えたらいいのか、考えてみましょう。

子供が幼稚園や保育園に通っているときから考えてみたいと思います。
通園のときに必要な靴が指定の場合は自分で用意する必要はないです。

しかし、通園のときに靴の指定が無い場合はスニーカーがオススメだと思います。
スニーカーだと汚れても洗いやすくて、動き回りやすいからです。

また、雨の日のことも考えて長靴も用意しましょう。

他には遊びに行くときの靴やサンダルなどを23足ほど用意するといいと思います。
季節に応じて、履き分けたい場合はその都度、サイズに合わせたものを購入するようにしましょう。

次に小学校に通っているときを考えてみたいと思います。

通学のときにスニーカーが必要です。

小学校は歩いて投稿することが多いと思います。
そのため、スニーカーは23足ほど履き替えられるよう用意しておくのが良いと思います。

また、体育の授業でも靴を履くことがあります。
汚れて洗うときもあると思うので必ず履き替えのスニーカーは用意しておきましょう。

小学校のときも雨の日に備えて長靴が必要です。
あまり派手すぎないものを選ぶといいと思います。

他には友達と遊びに行くときの靴や買い物へ行くときの
よそ行きの靴を用意するといいでしょう。
3足ほどあれば十分だと思います。

【子供の靴の頑固な汚れが酷い時の洗い方は?】

子供の靴の正しい上手な洗い方について説明します。

まずは大雑把に泥などの汚れを落としましょう。
その際に中敷きがある場合には、中敷きも取ってください。
中敷きを取って大雑把に汚れを落としたら、ぬるま湯につけて優しくこすります。
ゴシゴシこすってしまうと汚れが落ちにくくなるので注意が必要です。

洗剤を付けたブラシなどで優しく洗いましょう。
色落ちも防ぐことができます。

また、子供の靴の臭いが気になる場合も同じように洗ってみてください。

洗い終わったら、干します。
干すときは靴をつるして干すのがオススメです。

できれば直射日光も避けてください。

泥などの汚れが酷い時は時間を空けずにすぐ洗うことも忘れないでくださいね。

【子供の白い靴のお手入れの方法は?】

白い靴は汚れが付くと目立ちます。
子供も白い靴を履くことがあると思います。
なるべくならスニーカーの綺麗な白を長持ちさせたいですよね。

そこで、白い靴のお手入れの方法もご紹介します。

ポイントは定期的にブラッシングをすることです。
汚れやほこりを取り除くことにより白を長持ちさせることができます。

また、ちょっとした汚れの場合は“消しゴム”も有効な場合があるので試してみてくださいね。
少し汚れが酷い場合や、上記の方法で落ちなかった場合はどうすればいいのでしょうか。

100円ショップにも売っている“メラニンスポンジ”を使ってこすってみることをオススメします。
とても便利なアイテムです。

【子供の靴が多い時、スッキリ見える収納のアイデア!】

子供の靴は小さいのでスペースを有効に使って収納をしましょう。

牛乳パックを靴に合わせてカットすれば、収納ボックスの完成です。
見た目もすっきりと靴を収納することができます。

次は突っ張り棒を使う方法です。

突っ張り棒を2本使うことで、収納スペースを増やすことができ、
スッキリと気持ちよく収納することができます。

100円ショップで購入することができるので、
コストも抑えることができます。

100円ショップやホームセンターに売っている、
プラスチックケースを使うのもいい方法です。

見せる収納にしたい時は透明なものを、見せたくない場合はカラーが付いた
プラスチックケースに収納するといいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は頑固な子供の靴の汚れの洗い方や、
靴のお手入れの方法の仕方をご紹介しました。

子供は成長も早く、靴を買い替えることも多いと思います。
最低限、必要な分だけ買うようにしましょう。

また、わんぱくで元気いっぱいな子供たちです。
靴を汚して帰ってくることも多いと思います。

汚れた靴はなるべく早く汚れを落とすようにしましょう。

また、子供の靴の臭いの防止に、普段から対策をするのも良いと思います。

洗う手間も省け清潔に保つことができます。

子供の靴を上手に正しく、メンテナンスを行うよう心がけてください♪