足にできたぶつぶつにかゆみが!そんなときできる対処法って?

足にできた湿疹にかゆみがあるとき

特に夏場になると、足に湿疹ができたり、
またそれが痒くて仕方ないことがありませんか?

足の湿疹やかゆみには、さまざまな原因があるとされています。

今回は、そんな足にできたぶつぶつや
足のかゆみを改善するための対処法について、
調べてみたことをご紹介させていただきます。

足の付け根のかゆみと黒ずみに関係はあるの?

もしも、あなたの足の付け根に、黒ずみとかゆみがある場合には、
摩擦黒皮症や「タムシ」を疑ってみると良いでしょう。

どちらも、ジメジメしたところや汗をかきやすいところに起きやすい症状で、
気が狂いそうなほど痒くなるのと、色素沈着が見られるのが特徴です。

もともと足の付け根のいわゆる「股間」に近い部分は、
パンツのゴムなどによって、締め付けがあったり、
擦れることがあるので、黒ずみやすいと言われています。

黒ずむからかゆいというわけではありませんが、
それでもどちらかだけ起こるよりかは両方起こる方が多い傾向にあります。

足のかゆみに加えて腫れがあるとき考えられることとは?

足のかゆみだけでなく、腫れまでもが気になってしまうときに考えられるのは、
ずばり「虫刺され」です。

カ、ブヨ、ダニ、ハチだけでなく、
毒蛾の幼虫の毛によるアレルギー反応などもあり、
専門医でも、虫刺されかどうかは判断できても、
どの虫が原因かまでは特定しづらいようです。

私も以前、足があっという間に腫れてきて、
しかも我慢できないほどのかゆみに苛まれたことがあり、
皮膚科を受診したことがあります。

担当してくれた医師は、「毒蛾の幼虫かもしれないけれど、
今どこかでキャンプでもしていますか?」と尋ねてきました。

毒を持った虫によって引き起こされた肌トラブルだということはわかっても、
何という虫によるものかまでは、専門医でも見分けがつかなかったようです。

足の乾燥によるかゆみにはクリームを使っていい?!

足が乾燥してしまうと、かゆみが発生しやすくなります。

とくに冬場には、靴下や衣服の繊維が擦れるだけでも、
かゆくなってしまうことがあるので、そのままにしておくことは避けるべきだと言えます。

おすすめしたい対処法は、クリームやワセリンによって保湿を行うことですが、
なるべくなら、かゆみを抑える成分である
リドカインやメントールが配合されているクリームを使用することです。

薬局へ行けば市販のものが多数販売されていますので、
よく分からなければ、薬剤師さんに相談してみるとよいでしょう。

足にできたプツプツのかゆみを抑えるには?

足にできたプツプツのかゆみを抑えるために、
手で引っ掻くようなことは避けるべきです。

なぜなら、一度傷になってしまいますと、治りが遅くなるだけでなく、
怪我のあとが残ってしまう恐れがあるからです。

そんなときは、市販のかゆみ止めを使ってみるか、
あるいは、医者に診てもらう、どうしても自力本願で何とかしたいという方には、
氷嚢で冷やしたり、患部を叩くことがおすすめだと言えます。

足のむくみとかゆみの相関関係って?湿疹は無関係?

足がむくむことによって、足がかゆくなることがあるのかと言われますと、
一概にそうとは言えません。

ただし、むくみとかゆみが同時に起こっている場合には、
重篤な病気が隠れている可能性が出てきます。

たとえば、下肢静脈瘤・深部静脈血栓症・エコノミークラス症候群などが挙げられます。

結局、足がむくむということは、それだけ足の細胞組織やリンパが腫れてしまい、
必然的に足の皮膚が引っ張られて突っ張ることになるので、
かゆみが出てくることは何ら不思議ではありません。

そのことによる肌トラブルとして、
湿疹が出てくることも時にはあるようです。

足の乾燥によるかゆみとぶつぶつと付き合う方法

足だけでなく、全体的に乾燥肌の人にとっては、
かゆみとぶつぶつは一生付き合っていかねばならない問題だと言えます。

とはいえ、最近は、かなり効果のある市販薬や保湿アイテムが出回っていますので、
それらを活用すれば、そんなに深刻に悩まなくてもよくなります。

また、体質改善をするのも一つの手段です。

食べ物を見直してみる、ライフスタイルそのものを改めてみるだけで、
随分と症状を軽くすることもできないわけではありません。

足のぶつぶつやかゆみから解放されるには?

どうしても足のぶつぶつやかゆみから解き放たれたいと願う人には、
やはり、水虫の薬を使用することが得策だと言えそうです。

というのも、イミダゾール系と呼ばれる抗真菌剤が配合されていると、
とりあえずかゆみを鎮める効果が期待できるからです。

もちろん、足がかゆい=水虫と断定することはできませんが、
試してみる価値はあります。

それで症状がなくなっていけば、結果オーライですし、
それでも良くならなければ、この薬を使ってみたけれど
改善されなかったと医療機関を受診してみれば良いのです。

足のすねのかゆみと湿疹は何科にかかるべき?

足のすねのかゆみと湿疹がある場合、何科にかかるのが最適かと言えば、
やはりまずは皮膚科を受診することがおすすめです。

とはいえ、近所に皮膚科がなかったり、
診てもらいたいときに皮膚科が休診していれば、
やむを得ませんので、内科や整形外科を尋ねてみても、
何らかの解決の糸口が見つかるかもしれません。

そもそもお医者さんは一通り専門の科によらず、
医学を学んでいらっしゃいますので、それなりの対応をしてくれます。

もちろん、皮膚にあらわれる疾患であっても、
内科的な要因によって引き起こされている場合もないわけではありませんので、
そういった意味では、先に内科を受診しておいても、
消去法的な治療が可能だと言えるかもしれません。

足に赤い斑点があってかゆみがあるけど何が原因?

足にできた赤い斑点、そしてそれが痒くて仕方がないとき、
考えられることは、いくつもあります。

たとえば、ダニなどの虫刺され・慢性色素性紫斑・じんましん
・細菌感染による掌蹠膿疱症などが考えられます。

原因は、生活環境にあるかもしれませんし、
食事やアレルギー反応によるものかもしれません。

とくに気をつけていただきたいのが、
ペットなど動物によるアレルギーです。

ひどい場合には、呼吸困難をともなうアナフィラキシーショックとして
現れることもあり、最悪の場合、命の危険を伴います。

まとめ【足のかゆみとその病気は多種多様!】

いかがでしたか?

足がかゆいと言っても、それがすべて重大な病気であるとは限りません。
事実、かゆみさえ抑えることができれば、
自助努力だけで病院に行かなくてもいいやと考える人も少なくないからです。

しかしながら、家庭の医学などテレビ番組による
「Aさんは、あのとき病院に行かなかったがために、残念ながら命を落としてしまいました」
なんてことにつながらないとも言えません。

心配ないと思っていても素人判断の域を出ませんので、
より安心できるよう、早めに医療機関を受診することをおすすめします。