炭酸水洗顔のメリットやデメリットは?炭酸水洗顔の効果はどんなもの?

炭酸水洗顔のメリットは、次の3点です。

・血行がよくなり、肌の細胞が活性化して元気になる(新陳代謝UP)
・毛穴の汚れや古くなった角質を浮かして、汚れを落としやすくしてくれる(美肌効果)
・シュワシュワの爽快感で肌がスッキリ(リフレッシュ効果)

これだけ聞くと、良いこと尽くしですね。
やるしかない!という気持ちにさせてくれます。

しかし、炭酸水洗顔にはデメリットもあるので知っておきましょう。

・炭酸水の質の維持が難しい
・肌が炭酸に過剰反応して、ピリピリすることがある

炭酸水は一度開封すると、その時点から炭酸の気が抜けしてしまいます。
それと、保存料が入っていないため雑菌が増える可能性があります。

せっかくの炭酸水洗顔なのに、気抜けしたものを使うのは意味がないですし、
雑菌が入った炭酸水で洗顔するのは肌トラブルの原因になります。

炭酸水洗顔の効果をしっかり得るためにも、毎回新鮮な炭酸水を使いたいですね。
1回で使う炭酸水は大体2ℓくらいです。
出来れば使い切れる量を用意することをおすすめします。

肌がピリピリしてしまうのは、炭酸の刺激に肌が過剰反応しているせいです。

炭酸水と肌との相性もあるので、部分的に使うなどして慣らしながら様子を見ましょう。
それでも合わない方はいますので、無理はしないようにしてくださいね。

さて、炭酸水洗顔のメリットとデメリットがわかったところで、
ここからは炭酸水洗顔の正しいやり方や効果などを紹介していきましょう。

炭酸水洗顔のやり方にコツはある?正しいやり方をマスターしよう

炭酸水洗顔のやり方を、2通り紹介します。

炭酸水洗顔で用意するのは、無糖の炭酸水です。
果糖やフレーバー付きのものではなく、水と二酸化炭素のみのものを選んでください。

①洗顔前に炭酸水で顔をすすぐだけのやり方

最初に炭酸水で顔をすすぎ、その後洗顔料をつけて洗います。

炭酸水を洗顔前に使うと、毛穴は開きやすくなります。
その後、洗剤を使って洗い流せば、毛穴の奥から汚れが取り除けるという訳です。

②洗顔料に炭酸水を足して使うやり方

最初に、ぬるま湯で顔全体を濡らします。

その後、いつも使っている洗顔料に炭酸水を足して泡立てます。

炭酸水を足すと、普段よりも泡がぷっくりして良く泡立つのが分かるはずです。
この泡を壊さぬよう、包み込むようにして洗顔しましょう。

最後に、ぬるま湯でしっかり洗い流して完了です。

「ぬるま湯」の部分を炭酸水に置き換えて、全部の工程に使ってもOKです。
その辺りの加減は、お肌の調子などその時々に合わせてしてみてくださいね。

そして、大事なのは炭酸水洗顔の後の保湿です。

炭酸水洗顔で毛穴がスッキリ&きれいになったということは
化粧水や美容液成分を吸い込みやすい状態ということ。

保湿ケアをしっかりすることで、さらに美肌効果がUPしますよ。

余談ですが、筆者が実際にやっている炭酸水で顔をすすぐコツがあります。

まず、適当な大きさの洗面器に炭酸水を入れます。
炭酸水を手にすくい、顔に当てたらしばらくそのままにします。

イメージとしては、炭酸水を顔と手ではさんでいる感じです。
こすらずに、炭酸のシュワシュワを潰さないようにしばらくじっとします。

炭酸のはじける感じが弱くなったら、もう2、3度同じことを繰り返します。

そうすると、毛穴はもちろん目元や口元が
ピッと引き締まるような感覚になってスッキリします。

あくまでも個人的な体感とコツなので、美肌を約束するものではないですが、
興味がある方は試してみてくださいね。

炭酸水洗顔で角栓は取れる?炭酸水は肌トラブルを解決してくれる?

炭酸水洗顔だけでは、角栓は取りづらいです。

角栓は、皮脂汚れや角質が毛穴の中に詰まって固まったもの。
酸化すれば、さらに攻略難易度が上がる硬さになります。

そのため、炭酸洗顔だけで角栓を取るのは難しいです。

そこで、蒸しタオルとのコラボレーションです。

難易度の高い角栓に対抗するために、炭酸水洗顔の前に
蒸しタオルを顔にのせてじっくり温めて毛穴を開かせます。

その後の炭酸水でさらに毛穴が開くので、相乗効果で角栓が取れやすくなりますよ。

炭酸水洗顔は、ニキビにも効果があります。

毛穴をきれいにしてくれる炭酸水洗顔ですから、
ニキビの原因を一掃してくれるのと同じですね。

他にも、炭酸水洗顔はシミにも効くとも言われています。

先にも記述した「肌の細胞が活性化」により、細胞の生まれ変わりが早められ
シミが出来ても肌に留まることなく剥がれ落ちるためだそうです。

同じ理由で、炭酸水洗顔はアトピーにも良いそうですよ。

こうなると、ますます炭酸水洗顔をしたくなってきますね。

炭酸水洗顔は毎日してもいいの?頻度はどれくらい?

肌が強い方なら、炭酸水洗顔を毎日しても大丈夫です。

とはいえ、体調や年齢を重ねた肌質の変化など
ご自身の肌の確認や注意はその都度してから行ったほうがいいですね。

炭酸水洗顔は肌荒れなどのトラブルを起こしていると、逆効果にしかなりません。

もし、炭酸水洗顔を毎日していて肌の調子が悪くなったら、
一旦ストップするかペースダウンさせましょう。

肌が弱い方は、週に数回程度にとどめましょう。

または、炭酸水を直接顔につけるのではなく、コットンに含ませてパックしてもよいですね。
効果は同じですし、肌への負担も減ります。

炭酸水洗顔の注意点としては、1日に何度も行わないことです。

いくら効果があるといっても、やり過ぎは毒です。

朝は普通のぬるま湯で、晩は炭酸水洗顔にするという感じで、タイミングを決めておくといいですよ。

炭酸水洗顔は敏感肌でも出来る?気を付けたい注意点はある?

炭酸水洗顔は、敏感肌でも出来ます。
しかし、毎日はおすすめできません。

敏感肌は刺激に弱く乾燥しやすい、肌トラブルを起こしやすいです。

もともと肌のバリア機能が低下しているため、炭酸水に過剰に反応すると
「攻撃されてる!危ない!」と肌を守るために皮脂を余計に出して、
ニキビの原因になってしまうなんてこともあります。

ただし、効果がないわけではないので、頻度に注意すれば大丈夫です。

敏感肌への負担を考えて肌全体にするのではなく、気になる部分だけしてもよいですね。

例えば、小鼻の黒ずみが気になるなら小鼻を、あごのプツプツをどうにかしたいならあごを
というように、部分的にすれば負担もだいぶ減るのではないでしょうか。

敏感肌でも、工夫をすれば炭酸水洗顔出来ますから、
上手にお肌を向き合ってきれいにしていきましょう。

まとめ

筆者は混合肌ですが、炭酸水洗顔を試したところとても肌の調子が良くなりました。
これといったトラブルも起きていません。

今も週に1、2回炭酸水洗顔をしています。

合わせて半身浴もしているせいもあってか、ニキビはもちろん
昔あった鼻とあごの黒いプツプツ(恐らく角栓)もきれいさっぱりなくなりました。

肌によって合う合わないはありますが、炭酸水洗顔は効果が高いと感じています。

存分に効果を得るためにも、無理はせず正しいやり方や頻度を守ってくださいね。
そうすればきっと、つるつるのお肌をゲットできますよ。