もう限界!マンションの騒音どこから聞こえるか気になったらどうしたらいい?!

マンションの騒音に対して苦情を言いたい時はありませんか?

どうしても一軒家と比べて、集合住宅であるマンションでは、
騒音問題がつきものとなってきてしまいます。

というのも、どんな人が隣近所に住んでいるのか分からないだけでなく、
若い夫婦にある日赤ちゃんができることもありますし、
突如仲が悪くなって、連日連夜夫婦喧嘩を繰り広げるご家庭がないわけでもないからです。

今回は、そんなマンション内で最も多いと言われる騒音に対する
苦情をどのようにして伝えればよいのか、
シチュエーション別におすすめの解決策をご紹介させていただきたいと思います。

マンションの騒音が隣の部屋から聞こえてきたら・・・

区分所有建物であるマンションで、明らかに騒音の原因が
隣の部屋の住人によるものであると確認ができているのであれば、
やはり、お隣さんですから、最初は直接それとなく伝えてみるようにしましょう。

むしろ、いきなり管理人や管理組合に連絡でもしようものなら、
隣に住んでいるのにどうしてそんな回りくどい方法を取ったのだろうと、
変に詮索させてしまう結果となってしまい、その後、わだかまりが生まれてしまい、
ご近所付き合いがしにくくなってしまう恐れがあるからです。

とりあえず、在宅しているであろう適当な時間に玄関チャイムをピンポンして、
騒音について困っている旨を伝えることが得策です。

マンションの騒音が下の階の住人の生活音だった時取るべき手段って?

マンションの騒音が階下に住む住人によるものだと思っても、
それを必ずしも真下に住んでいる人が犯人であると判断してしまうことは、
短絡的であり、リスキーだと言えます。

というのも、マンションはそれぞれの構造によって、
騒音が必ずしも思っていた部屋から出ているものであるとは限らないからです。

したがって、そういった場合には、同様の悩みを抱えている人がいるはずですので、
一度その件について尋ねてみるのも良いかもしれません。

お隣さんやご近所さんに「騒音問題に悩まされていて」と聞いてみると
「じつは私も」となったら、占めたものです。

個別に犯人探しをするよりも、同じ不満を持つメンバーを募る方が、
私たちは騒音に悩まされていますということを、
自信を持って、大家や管理人に告げるチャンスを獲得でき、
問題解決への近道となりそうですよね。

マンションの騒音が音楽だったら文句を言っちゃいけないの?

あら、今日も、朝から気分のよくなるようなクラシックを流してくれてありがとう、
ちょっと眠たくなったときにはアップテンポな往年の名曲もいいわね、
夜になったらおしゃれなジャズなんてセンスいいわ~・・・と、
流れてくる音楽に気分良くしていらっしゃるのであれば、何ら問題はありません。

ですが、音楽による騒音問題でよく聞かれるのは、お経であったり、
軍歌であったり、はたまたDJサウンドによる重低音だけでなく、
トランペットなど管楽器による生演奏なんかが挙げられます。

これらは気になりだしたら、居ても立ってもいられないものですし、
就寝時間が早い人からすれば、夕暮れ時や夜更けに聞こえてきた日には、
イライラさせられてしまうでしょう。

音楽とはいえ、人の平穏を害したり、不快感や迷惑となるものは、
ひっくるめて騒音と言っても差し支えないと思われます。

ですから、音楽だからうるさいという権利がないのかといえば、
決してそんなことはありません。

マンションの騒音の原因が子供だった場合どうすればいい?

実際の例ですが、私がまだ小学校に上がったばかりの頃、飛んだり跳ねたり、
大声を出したり、また日暮れの時間になってもピアノを弾いたりと、
さんざん騒音を出してしまったことがあります。

堪忍袋の緒が切れてしまった階下の住人が、うちの親の元を尋ねてきて、
「子供のしつけをちゃんとしてください!」と一蹴して帰っていったと聞きました。

母親から「今度大きな音を出したら、自分で下のおばさんに謝りに行きなさいよ!」と言われ、
私はそれだけは絶対にイヤだと思ったので、素直に言うことを聞くようになりました。

エレベーターで鉢合わせたときにも、怖くて苦情を言ってきたおばさんの顔を
直視できなかったことを今でも覚えています。

というわけで、騒音の原因が子供だった場合でも、
その親に苦言を呈することによって、トラブルの改善が見込めますよ!

マンションでの騒音問題で加害者に手紙で忠告するのはアリ?

マンション内の騒音について加害者宛に手紙で忠告することは、賛否両論あるでしょう。

というのも、手紙は手元に残るものです。

一度くらい口頭で警告されたのであれば、自分が悪かったと素直に反省できることもありますが、
手紙であれば、読み返しているうちに、どうして一方的に私が犯罪者のように扱われなくてはならないのか、
そもそも相手(あなた)が神経質すぎるのではないかと、あらぬ妄想をさせてしまう可能性があるからです。

また、私自身の話になり恐縮ですが、以前住んでいたマンションの階下の女性が、
これまたとんでもなく神経質な方で、
「話し声がうるさい」「くしゃみも聞こえます」
「私はテレビの音量も小さくするよう気をつけています
(なのにあなたはなぜ?と言わんばかりの発言)」と一方的に怒鳴り込んできました。

くしゃみは生理現象ですし、友達が遊びに来たら、会話だってします。

それにあなたがテレビのボリュームを小さくしていることは、
あなたの勝手で・・・なんて一瞬思いましたが、
そんな人もいるのだと諦めて平謝りした覚えがあります。

そのような経験をしたことによって、私はどんな人が住んでいるかわからないマンションでは、
むしろトラブルが起こらない方が不思議なのかもしれないと思うようになりました。

マンション内の騒音トラブルは警察に通報してもいいもの?

いわゆる音楽や夜中の話し声などといった騒音であれば、
直接注意してもらえるよう直訴しに行くか、
大家や管理人に告げ口するということで事足りるはずです。

むしろ、警察に通報したとしても、まだ何も事件が起こっていない段階では、
民事不介入の原則を盾に、相手にしてもらえないでしょう。

では、どんな騒音問題であれば警察に通報する意味があるかと言うと、
それは、最近よくニュースになっている「児童虐待」です。

子供が異常に泣きじゃくっている、恐怖の声を上げている、
暴力を受けていることを想像してしまうような異音が聞こえてきたときには、直ちに110番を!

もしもそれが児童虐待ではなかったとしても、
それでひと安心ですし、今では通報者が名乗る必要もありません。

子供の生命に関わる問題ですので、
この場合は、ちょっとでも違和感を持ったら、即行動して正解です。

マンションに騒音問題は付き物!苦情を言わずにいたら損!

いかがでしたか?

どこの誰が住んでいるのかわからないマンションですから、
時として、マナーの悪い人や、
嫌がらせ目的で騒音を発生させる住民もいないわけではありません。

そんなとき、じっとこらえて我慢をしていたら、
いつか、あなたが心身ともに限界を迎え爆発してしまことでしょう。

一度苦情を言ってみて、それで理解し、改善してくれる相手かもしれません。

だったら、言わずにいたら、もったいないです!

もちろん、騒音の主が想像以上にパンチのある相手である可能性も、
無きにしもあらずですが・・・。

だったとしても、それはそのときの話で、
次にどう対応すればいいのか、そこから考えていけば良いのです。

とにもかくにも、一度注意を喚起することで、
騒音問題から解放される可能性やきっかけは十分期待できます。

ほんのちょっとの勇気を出して実情を訴え出てみることで、
案外、事態の収束を図れるかもしれませんよ。

以上、「もう限界!マンションの騒音どこから聞こえるか気になったらどうしたらいい?! 」と題したお話でした。

次回記事「もう爆発寸前!ご近所なのに嫌がらせしてくる心理って一体何?!」も乞うご期待です。